読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクリーンのむこうがわ

歌って踊れる彼らに夢中

ひきこもり系ジャニオタの応援スタンス

自分のジャニーズ遍歴アレコレ書こうと思ったけれど、無駄に長くなりそうだし何から話せばいいのか整理が出来ない。だったら、とりあえず巷で流行りの応援スタンスを書けばいいんじゃない?と思ったはいいものの。色々なひとの応援スタンスを見て、なんだか私の応援スタンスがだいぶ普通じゃないことに気づいてしまった。


え、現場行かない系ジャニオタってこんなに少ないの???


母や姉がせっせと遠征しているのを見てても確かにジャニオタとして浮いてるなとは薄々感じてたけど!いや、私の見たブログがたまたまコンサートいく系の人ばかりとも考えられなくはないよね?
というわけで、世間体からすれば全くのひきこもりではないのですが。(ただ不必要には出かけません)ジャニーズ絡みでいうとどう考えてもひきこもりだな、と思ったのでタイトルにセレクト。

○基本スペック

万年金欠大学生。ジャニーズより某鉄道にお金費やしてる(通学費エグい)
母と姉がジャニヲタ。

私が生まれる前よりジャニオタの母の影響で、物心ついたときからジャニーズが身近な環境でそだつ。
KAT-TUNデビュー(ごくせん野ブタ)あたりから周りがジャニーズにハマりはじめて、なんとなくその波に乗り出す。
その後探偵学園Q1話で電撃が落ちたように山田涼介を好きになり、わざわざ番組みたり友達と雑誌みたりしていた。芸能人をこんなにもかっこいいと思ったのは初めてで当時の私にとっては相当衝撃的なことだった。なにより特定の芸能人を目的にテレビを見るのが初めてだったし、とにかく同い年とは思えないくらいかっこよかったのである。
このままジャニオタ街道まっしぐらかと思いきや、いわゆる強火同担拒否*1の友人の影響でジャニーズ全般見るのも嫌になる時期に突入。目を背けるようにアニヲタ街道へ突き進む。どうせジャニーズって顔だけじゃん?というか2次元の美しさに叶うわけないでしょby当時の私。数年後まさか「ジャニーズは顔じゃないよ!」と力説するようになるとは、知る由もない。

そしてその数年後、思わぬところで嵐に落ちて、あれよあれよという間に事務所沼に。DD箱推しとまでは言わないけれど、ほぼそれに近い事務所推しです。

基本スペック・・・?

○担当

グループとしては嵐、Hey!Say!JUMP
人物的には相葉雅紀山田涼介、伊野尾慧
普段担当という言葉は使わないのですが、グループとして見るときにどうしても目が最初にいってしまうという意味でこの3人。
もちろん嵐もJUMPも全員だいすき。というか全員でいるときこそだいすき。 個人担当というよりは、グループ担当。わちゃわちゃが3度の飯よりおいしい。
その他、関ジャニ∞KAT-TUN、NEWS、Sexyzoneあたりはグループ推し。それ以外のグループも基本わかるし、普通に好き。
JUMPに関してはいわゆる出戻り新規です。
JrはSixtones(京本)、キンプリ(岩橋、平野)世代中心に愛でております。

○録画基準

毎週録画
VS嵐嵐にしやがれメレンゲ、めざまし(木)、リトラ、ヒルナン(火)、いたジャン*2
キスブサ、月曜から夜ふかし
基本録画
嵐のでる音楽番組やドラマ、ゲスト番組など。

自分でも少し驚くくらい、ジャンプ関連おおい。というか伊野尾。
JUMP関ジャニ∞Sexyzone関連は家族のおかげでほぼ録画されているので、興味があればみる。
マナブとニノさんは一時期録画してたけど、時間的に処理しきれなくて外してしまった。唐突にジャンプちゃんがゲストに来るからあなどれない番組。
夜会、動物園はジャニーズがゲストのときはリアタイor録画
キスブサと夜ふかしは単純に面白いので録画してる。

○雑誌の購入基準

テレビ誌以外で嵐全員表紙のときなど。
あとはピンでも中身が良ければ買います。基本写り重視。ドル誌は中身みて欲しかったら買う。最近はもっぱらJUMPで判断。
買うのは月に2冊まで。と決めているけどドラマラッシュのときとかはだいたい負ける。
嵐がドル誌卒業してからは自分で買うことはめっきり減った。ただ、母と姉の恩恵を存分にうけている。


人物目当て(ananとか)で買ったことあるのは、嵐各自と山田、伊野尾くらい。つまりそういうことだ。

○CDの購入基準

嵐初回盤のみ。青キミとjaponismはウラアラ目当てで通常盤も買った。
今回は申し訳ないんだけどI seekしか買ってない。そのことについては後日話せればいいと思う。
あとは基本的に母がエイト、姉がJUMPを全部買いなのでお世話になっている。さすが社会人。

○映像作品の購入基準

ライブは嵐コンDVD初回のみ。パソコンでもみたいからDVD買ってるけど最近はBlu-rayの高画質さに惹かれてもいる。
初めて買ったのは5×10コン通常(か、クリップ集。同時期に買ったからあやふや)。ちゃんと買い始めたのは風景コンから。お金の都合でぽぷこんとラブはもっていない。
以前のものは見たことあるけど持ってはない。Timeいつか買う。

ドラマ系は残念ながら一本もない。
君と見る千の夢はいつか絶対に買いたい。

○現場に行く基準

基準もクソも一度しか行ったことがない。*3
14年のデジコン。勝手に母が応募したのがたまたまあたった。未だにビギナーズラック*4だとおもっている。
個人的に最初で最後のコンサートのつもりで行った。

現場にいきたくない理由は後日まとめるとして、確かにこのときのデジコンは本当に天国のようだった。嵐って実在してるんだなってことを確認できた1日だった。

○遠征する基準

しない。

○グッズを買う基準

グッズだけは買わない。デジコンにいったときはブックレットとうちわとタオルと写真(全員と相葉ソロ)とクリアファイル(全員)を買ったけれど、そっくりそのままカバンにしまいっぱなし。もはや買った意味とは。

○ジャニショで写真を買う基準

これを書くにあたって気づいた。もう6年以上ジャニオタしてるのに、一度もいったことがない。自分にちょっとひいた。
今年の目標はジャニショにいくこと。


こうして書き出してみると、本当にジャニオタか疑うレベルでゆるく活動していることを自分でも感じた。とにかく映像(コンDVD、バラエティ、PV)でみる彼らが好きすぎるのが原因だとおもう。
嵐PVクリップ集とMonsterとデジコン(スッピン)とJUMP車魂は死ぬほどリピッている。


次回は現場に行かない理由でもまとめようかな。はたして同じようなスタンスのひとっているのかしら。

*1:「私が山田くんが好きだから、あなたは有岡くん好きになってね」理不尽極まりない押しつけである。

*2:自分の地域では見れないので、某所でお世話になっています

*3:厳密にいえば2回。小学生の頃、母に連れられていっただけのV6コンをカウントするのがしのびない

*4:そうでなきゃいきなりアリーナ花道前があたるわけない