スクリーンのむこうがわ

歌って踊れる彼らに夢中

夏のはじまりに想うこと~嵐の夏曲は一体どこで聞けるのか~

先日のMUSIC DAY。事務所推しからするとまるで夢のようなひととき。一堂に会する彼らを見るのはやはり圧巻で非常に感慨深いものがある。彼らそれぞれの関係性がかいまみえることや、意外な組合わせを楽しめるのも乙ですね。


さて、実は私は毎年この番組に勝手に小さな期待を抱いては裏切られている。
それは「普段は聞けない嵐の夏曲が聞きたい」という思いだ。事務所の面々が集うと必然的に感じる各グループの曲チョイス。他のグループの選曲が羨ましくなることもしばしば…。メンバーが各々決めているのか、番組側からの打診なのかどのような決め方かはわかりません。だけど私はどうしても言いたい。

嵐はなぜ夏の曲を歌わないのか?

夏のテーマを引っ提げたこの番組だからこそ、少しの冒険くらいは、と期待してしまう。夏というテーマにかこつけて一曲でもいいから思いきった選曲を望んでいる。もちろん、一般にも知られているメジャーなものを歌う気持ちもわかる。より多くの人に楽しんでもらうのなら、誰もが知っている曲を歌う方が理にかなっている。
ただ、櫻井さんが司会をやっていることもあり、例年4曲ほど歌っている現状ならば、一曲の冒険くらいはやはり期待してしまうのが一ファンの心情だ。


ここでこれまでのMUSICDAY(音楽のちから)で歌われた曲を振り返ってみる。シャッフルメドレーや、企画の曲も含みます。簡単に調べただけなので、多少の間違いはごめんなさい。



・2016 『夏のはじまり』
 ハダシの未来☆*1
 OneLove、Happiness★*2
 I seek、Daylight、Power of the Paradise
・2015 『音楽は太陽だ』
 OneLove☆
 Troublemaker★
 Love rainbow、Monster、青空の下キミのとなり
・2014
 Lovesosweet☆
 Happiness、Hero、GUTS!、Monster
 《ミニコンサート》言葉より大切なもの、ハダシの未来、Love rainbow、A・RA・SHI
・2013
 A・RA・SHI、endlessgame、Love so sweet
 《ミニコンサート》OneLove、感謝カンゲキ雨嵐
・2012
 ワイルドアットハート、感謝カンゲキ雨嵐、Happiness


内訳
Happiness…(3)
Love so sweet/Love rainbow/感謝カンゲキ雨嵐/OneLove/Monster/ハダシの未来/ARASHI…(2)


例年、傾向としては鉄板曲+最新曲。2014年のHero*3はテレビではレアだなという印象。
グループシャッフルでも使われた曲も込みですが、それにしてもこの5年で重複している曲の多さ。他の音楽番組含めなくてもこれだけのかぶり具合。いつも同じ歌をうたっているなぁというのは私の勘違いではなかったみたい。

そんなにマニアックな曲を聞きたいのなら、ライブで聞けばいいと言われればそれまでなのですが。もはや嵐さんの認知度知名度からしても盛り上がる曲なら一曲くらい入れても遜色ないと思うのです。
更に言わせて頂くと、先程の曲はライブでも毎回というほどセトリに入る超絶鉄板曲。嵐はこれ以上ファンの母体数を増やしたいの?今いるファンのための選曲にもうすこしだけ力をいれてほしいというのは欲張りな願いでしょうか…
もっともっと新鮮さを巻き起こしてもいいと思うんです。

それから何より嵐の夏曲ってもっともっと素敵なものがあるのにもったいない!と言うのが一番強い思いです。シングルではなくアルバムやカップリングに多数収録されていることが一番の原因だと思いますが、別にシングルの曲を歌わなければいけないという決まりはないようなので、どんな曲ならテレビでも歌えそうなのか考えてみたい。


ここで夏曲の定義を以下の4つとする。

①タイトルや歌詞に「夏(summer)」が含まれているもの
②タイトルや歌詞に夏を連想させる単語が含まれているもの
③PVやCM、ドラマなどで夏の印象が強いもの


ここから嵐の楽曲から分野別に区別した。

▽シングル
② Everything
③ハダシの未来、アオゾラペダル、Happiness、To be freeLove rainbow

▽カップリング
①ミラクル・サマー、スマイル
②花火

▽アルバム
Summer Splash!夏の終わりに想うこと夏の名前、風見鶏、風、ランナウェイ・トレイン、WAVE、Raise your hands、Days
②My Answer、太陽の世界、 EYES WITH DELIGHT、 IROあせないで、テ・アゲロ
③Oh yeah!、Lucky man

▽ソロ曲
①いつかのSummer(相葉)


こうして見てみると、まず嵐のシングルにはタイトルからわかる「THE夏曲」が存在しない。さらに、歌詞にさえ夏が含まれるものが一曲もないのである。もうデビューから15年も過ぎてて意外な気もするけれど、関ジャニ∞やHey!Say!JUMPも今年になって初めて夏曲だしたし、意外とそういうもの?

それから嵐の曲中に出てくる夏は真夏!という感じよりも夏の終わりのすこし切ない曲がやたら多い。メロディもゆったりテンポが多くて、みんなで歌って騒いで!という雰囲気は少ない。そりゃ歌番組では歌わないか…


せっかくなので、その中でも是非歌番組で歌ってほしい曲を何曲が紹介したい。

Summer splash!(2010 僕の見ている風景)
なんといっても、タイトル!誰が見てもわかる夏曲ですよ!!歌詞も夏一色のさわやかソング。振りもわかりやすくてサビもノリやすい!
最近のコンサートでは鉄板ですね。だからこそファン以外の多くのひとに聞いてもらいたい一曲。今すぐ海に駆け出したい、そんな気持ちにさせてくれます。
ファンとしては国立で櫻井さんのアレがびしょぬれになっていた印象が強いけれど…(笑)

・太陽の世界(2007 Time)
正直2015年の「音楽は太陽だ」のテーマのときこの曲がくるんじゃないかとざわざわした。確かTwitterのトレンドにもあがっていて、だよね~~わかる~~~~!!!!となった記憶がある。(正直な話、なぜMonsterを歌ったのかさっぱり意図が読めなかった。どっちかといえば月の印象だったから尚のこと驚いた。)
タイトル通り、真夏の暑さを全開に感じる曲。個人的にはイントロから噛まされる櫻井さんのラップが相当好き。ラップの合間に掛け合いできてかなり楽しめそう。
メロディもかなりポップでアップテンポだから普通に盛り上がりそうなんだけどなぁ。ただ、歌詞的には夏を楽しむ!というよりはキラキラした気持ちを思いだそう!みたいだけど、タイトルと雰囲気からかなり夏感醸しててかなりの推し曲。

・EYES WITH DELIGHT(2004 いざッ、Now)
こちらもコンサートでのC&Rがかなり印象的な一曲。大野さんの美声からのびやかに始まるイントロを過ぎてメンバーの声が重なっていくところが嵐らしさを感じる曲。歌詞から存分に情景の浮かぶ焼けつくような真夏の日差しとジリジリとした気温。
ただ、やっぱりC&Rが長くて少しややこしいから歌番組には向いていないのかも。

・スマイル(2008 truth/風の向こうへ)
かつてとんがりコーンのCMソングとして使われていたこの曲。ポップで明るいメロディがカップリングにしてはかなりわかりやすいTHE嵐な曲となっています。シングルで歌っててもおかしくないくらい。イントロではクラップから入るところもお客さんがノリやすそう。
コンサートでもほとんど(もしかして一度も?)歌われていないのがかなり勿体ないくらいの曲。カップリングはどうしてもおざなりなってしまうのが悲しき宿命ですね。


ジャニーズは曲のリリースが多い分埋もれてしまうのが本当に勿体ない。大体アルバム引っ提げたツアーが多いから新曲と定番曲歌うのが当たり前の空気感だからなぁ。それが故にたまにポーンと古い曲歌ってくれるとそれはもう喜ぶ。泣いて喜ぶ。

コンサートに組み込むのがむずかしい夏曲、是非いつか歌番組で聞けたらいいな。

*1:シャッフルメドレーでの選曲

*2:ビンゴやゲームなどの企画

*3:15周年ということと24時間テレビのテーマソングだったから

ひきこもり系ジャニオタの応援スタンス

自分のジャニーズ遍歴アレコレ書こうと思ったけれど、無駄に長くなりそうだし何から話せばいいのか整理が出来ない。だったら、とりあえず巷で流行りの応援スタンスを書けばいいんじゃない?と思ったはいいものの。色々なひとの応援スタンスを見て、なんだか私の応援スタンスがだいぶ普通じゃないことに気づいてしまった。


え、現場行かない系ジャニオタってこんなに少ないの???


母や姉がせっせと遠征しているのを見てても確かにジャニオタとして浮いてるなとは薄々感じてたけど!いや、私の見たブログがたまたまコンサートいく系の人ばかりとも考えられなくはないよね?
というわけで、世間体からすれば全くのひきこもりではないのですが。(ただ不必要には出かけません)ジャニーズ絡みでいうとどう考えてもひきこもりだな、と思ったのでタイトルにセレクト。

○基本スペック

万年金欠大学生。ジャニーズより某鉄道にお金費やしてる(通学費エグい)
母と姉がジャニヲタ。

私が生まれる前よりジャニオタの母の影響で、物心ついたときからジャニーズが身近な環境でそだつ。
KAT-TUNデビュー(ごくせん野ブタ)あたりから周りがジャニーズにハマりはじめて、なんとなくその波に乗り出す。
その後探偵学園Q1話で電撃が落ちたように山田涼介を好きになり、わざわざ番組みたり友達と雑誌みたりしていた。芸能人をこんなにもかっこいいと思ったのは初めてで当時の私にとっては相当衝撃的なことだった。なにより特定の芸能人を目的にテレビを見るのが初めてだったし、とにかく同い年とは思えないくらいかっこよかったのである。
このままジャニオタ街道まっしぐらかと思いきや、いわゆる強火同担拒否*1の友人の影響でジャニーズ全般見るのも嫌になる時期に突入。目を背けるようにアニヲタ街道へ突き進む。どうせジャニーズって顔だけじゃん?というか2次元の美しさに叶うわけないでしょby当時の私。数年後まさか「ジャニーズは顔じゃないよ!」と力説するようになるとは、知る由もない。

そしてその数年後、思わぬところで嵐に落ちて、あれよあれよという間に事務所沼に。DD箱推しとまでは言わないけれど、ほぼそれに近い事務所推しです。

基本スペック・・・?

○担当

グループとしては嵐、Hey!Say!JUMP
人物的には相葉雅紀山田涼介、伊野尾慧
普段担当という言葉は使わないのですが、グループとして見るときにどうしても目が最初にいってしまうという意味でこの3人。
もちろん嵐もJUMPも全員だいすき。というか全員でいるときこそだいすき。 個人担当というよりは、グループ担当。わちゃわちゃが3度の飯よりおいしい。
その他、関ジャニ∞KAT-TUN、NEWS、Sexyzoneあたりはグループ推し。それ以外のグループも基本わかるし、普通に好き。
JUMPに関してはいわゆる出戻り新規です。
JrはSixtones(京本)、キンプリ(岩橋、平野)世代中心に愛でております。

○録画基準

毎週録画
VS嵐嵐にしやがれメレンゲ、めざまし(木)、リトラ、ヒルナン(火)、いたジャン*2
キスブサ、月曜から夜ふかし
基本録画
嵐のでる音楽番組やドラマ、ゲスト番組など。

自分でも少し驚くくらい、ジャンプ関連おおい。というか伊野尾。
JUMP関ジャニ∞Sexyzone関連は家族のおかげでほぼ録画されているので、興味があればみる。
マナブとニノさんは一時期録画してたけど、時間的に処理しきれなくて外してしまった。唐突にジャンプちゃんがゲストに来るからあなどれない番組。
夜会、動物園はジャニーズがゲストのときはリアタイor録画
キスブサと夜ふかしは単純に面白いので録画してる。

○雑誌の購入基準

テレビ誌以外で嵐全員表紙のときなど。
あとはピンでも中身が良ければ買います。基本写り重視。ドル誌は中身みて欲しかったら買う。最近はもっぱらJUMPで判断。
買うのは月に2冊まで。と決めているけどドラマラッシュのときとかはだいたい負ける。
嵐がドル誌卒業してからは自分で買うことはめっきり減った。ただ、母と姉の恩恵を存分にうけている。


人物目当て(ananとか)で買ったことあるのは、嵐各自と山田、伊野尾くらい。つまりそういうことだ。

○CDの購入基準

嵐初回盤のみ。青キミとjaponismはウラアラ目当てで通常盤も買った。
今回は申し訳ないんだけどI seekしか買ってない。そのことについては後日話せればいいと思う。
あとは基本的に母がエイト、姉がJUMPを全部買いなのでお世話になっている。さすが社会人。

○映像作品の購入基準

ライブは嵐コンDVD初回のみ。パソコンでもみたいからDVD買ってるけど最近はBlu-rayの高画質さに惹かれてもいる。
初めて買ったのは5×10コン通常(か、クリップ集。同時期に買ったからあやふや)。ちゃんと買い始めたのは風景コンから。お金の都合でぽぷこんとラブはもっていない。
以前のものは見たことあるけど持ってはない。Timeいつか買う。

ドラマ系は残念ながら一本もない。
君と見る千の夢はいつか絶対に買いたい。

○現場に行く基準

基準もクソも一度しか行ったことがない。*3
14年のデジコン。勝手に母が応募したのがたまたまあたった。未だにビギナーズラック*4だとおもっている。
個人的に最初で最後のコンサートのつもりで行った。

現場にいきたくない理由は後日まとめるとして、確かにこのときのデジコンは本当に天国のようだった。嵐って実在してるんだなってことを確認できた1日だった。

○遠征する基準

しない。

○グッズを買う基準

グッズだけは買わない。デジコンにいったときはブックレットとうちわとタオルと写真(全員と相葉ソロ)とクリアファイル(全員)を買ったけれど、そっくりそのままカバンにしまいっぱなし。もはや買った意味とは。

○ジャニショで写真を買う基準

これを書くにあたって気づいた。もう6年以上ジャニオタしてるのに、一度もいったことがない。自分にちょっとひいた。
今年の目標はジャニショにいくこと。


こうして書き出してみると、本当にジャニオタか疑うレベルでゆるく活動していることを自分でも感じた。とにかく映像(コンDVD、バラエティ、PV)でみる彼らが好きすぎるのが原因だとおもう。
嵐PVクリップ集とMonsterとデジコン(スッピン)とJUMP車魂は死ぬほどリピッている。


次回は現場に行かない理由でもまとめようかな。はたして同じようなスタンスのひとっているのかしら。

*1:「私が山田くんが好きだから、あなたは有岡くん好きになってね」理不尽極まりない押しつけである。

*2:自分の地域では見れないので、某所でお世話になっています

*3:厳密にいえば2回。小学生の頃、母に連れられていっただけのV6コンをカウントするのがしのびない

*4:そうでなきゃいきなりアリーナ花道前があたるわけない

私の私による私のための

嵐を中心にジャニオタとしての基礎を作り上げて、早6年。自分の中でこれといったなにか区切りのある年月ではない。ただ最近いろいろと思うところがあるので、それを明確化しておく場所がほしくて久しぶりにブログという媒体に手を出した。
かなり内向的で偏ったジャニーズ観というものが自分にあることは承知している。逆ネット弁慶のため、コアな話を他人と語ることなく家族と少しの友人にのみ語ってきた。伝えたいことの表面の部分だけを綺麗に切り抜いて。
だけどいつもどこかで切り抜かれた中にあるこの気持ちを、考えを、纏めて残しておかないといつか消えてなくなってしまいそうな不安があった。

SNSが身近になって、さまざまな人の考えが簡単に目に届くようになった。それはときに、自分が感じていたことをそっくり具現化されていたり、あるいはまるで思いも寄らない視点だったり。 ファンの数だけ彼らに対する解釈はある。そのことにようやく気づいたのである。

自分が感じていることは、自分しか表すことが出来ない。それならば、書き留めておくしかないじゃないか。この血涌き肉踊るような熱く止めどない感情と思考回路を。

すべてのことはタイトルにかいたように、あくまで私のためのブログであって、誰かに強制するつもりも賛同を得ようというつもりもありません。
それでももしも私が記す言葉のなかに、誰かと同じような価値観や思考があればいいなという願いを込めて。